Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】深夜の水面で会いましょう

突然ですが、イベントをします。

「なみもの水面」なみも主催で、トークイベントを開催を行います。

みんなでワイワイお話しようという趣旨の元で、トークありプレゼント交換ありのイベントです。

イベントタイトル 「深夜の水面で会いましょう」

主催 なみも

イベント進行企画なみも補助 マイラ、イクシム

会場 コメダ邸(コメダ:なみもサブ) マッシュルーム5583-1

日時 8/13日26時(正確には14日2時) 本日深夜です

お持ちいただく物 プレゼント交換用の依頼書(何でもかまいません。)、優しい気持ち、下心


偶然当記事、もしくは、なみも、マイラの突発的な告知記事を見られた方のみが参加できる貴重なイベントとなっています。

こんな時間にチェックしてよかったね!

子供は参加できない時間かな?

夜遊び大好きなドラクエプレイヤーはレベル上げしていて、気づいていないかもしれませんね。

だからこそ見つけた方は、運がいい!

なみも(ついでに、マイラ+イクシム)とお話しよう!

トーク内容は何でもかまいません。

質問とか、近況とかデートのお誘いとかでいいんじゃないでしょうか。

僕はかまわないのですが、エロトークは一部に冷めた目で見られるかもしれません。

どんだけ集まるんでしょうねえ。できれば、「なみもの水面」の読者に来てほしいです。

あくまで、なみもを交えたトークですので個々でのおしゃべりは控えてもらったほうがいいかもしれません。

終了時刻は特に決めておりませんので、眠たい方は随時抜けていただいてかまいません。

それでは、本日深夜26時(2時)にお待ちしております。

かしこ。



下記アドレスに飛んでみよう。むしろ僕のよりもこっちを見なさい。

「なみもの水面」
「パルプンテって何ですか?」

七夕花火イベント(運営サイド)

今回長いです!


花火大会が行われるまでの工程

①ポプマーリー(以下ポプ)によるブログでのイベント発表
誰も知らず、ブログで初めてそのことを知る。

②ポプを捕まえて説明をさせる
簡単にどういうものか知る。

③花火確保
主にポプによる。

④当日


はい。当日になりました。

ろくな下準備をしていません。

リハーサルだってしていません。

ぶっちゃけ、それほど仕事なんじゃないのかと思ってましたね。

ええ。

そんなわけがなかった……。

前回の結婚式では、入念なリハーサルと会議を重ねて当日に挑んだのですが、それでも心配でなりませんでした。

しかし今回のポプ主催花火大会は、もともとポプ一人でやってやろうというものだったのではないだろうか。

なんとでもなるさー。なんくるないさー。という雰囲気がポプから伝わります。(本人はそうは考えてないかもしれませんが。)

おそらくは運営として参加したみんなもそう思ったからこそ、手伝おうとしたのだと思います。

一人でなんて無理だってば(笑)



イベント会場への入場時間がせまってきており、いまだ花火集めをしているポプ達。

僕は別行動でしたので、先に集合場所に向かいました。

すでに、多くの参加者が来ていました……。

ポプ花火1

あー、やばいわ。結婚式イベの時も30分前にお客が来てたものな。

すでにお客が集まってきていることを伝えると、ほどなくしてポプ達がやって来た。

何をするか、手早く決めて運営の仕事スタート。(この辺りはもう慣れです。前回の経験があってこそできることです。)


〈花火イベントの運営はこのメンバー〉

主催:ポプマーリー

運営(誘導員、説明係):マイラ、おはな、イクシム、そして……

遊びに来たつもりが巻き込まれた、しげね、カフカ


の6名です。

巻き込まれた二人はね、しょうがないかと思います。

僕も一緒にがんばろうねという考えでした。

もうこのメンバーはファミリーと言っていいでしょうね。


さて、運営の仕事が始まります。

僕の仕事は、お客様を会場入りさせるナビゲーターです。船頭さんです。

七夕イベント会場へは、同じPTの人間でないと同一エリアへ入ることができません。

なので最初に、ポプ、マイラ、僕がPTを組んで会場にまず入ります。

僕はマイラと対になって、僕が呼び込み、マイラが会場内でお客様に指示、案内をします。

ポプは自分のサブキャラと対になって、呼び込みです。

しげね、カフカ、おはなは入場窓口にてお客様に指示、案内、打ち上げる花火を渡す係りです。

お客様は、僕とポプの前に列を作ってもらって、2名ずつ会場に入ってもらいます。

お客様を僕が誘ってPTを組んで、会場へ入ってもらい、マイラの指示に従ってPTから抜けてもらいます。

長蛇の列が僕とポプの前にあるのです。

何人並んでるんだよ?

定型文も作らずに、その場その場でお客様に指示していく僕。

徐々にはけていくのですが、やはりうまくいかないこともあって……。

時間がかかりました!!

全員が会場入りするまで40分超かかりました!

みんなくたくたです。よくがんばったと言いたい。



列がなくなったので、ようやく運営も会場内へ移動です。

おはなだけ外に残って、呼び込みを続けます。

おはなに感謝です。この後も数人が、おはなの呼び込みで会場入りしました。

ここからは、全部ポプまかせです。

花火の上げ方や、立ち振る舞いをレクチャーします。

他の運営はようやく休憩です。

ポプ花火2

ドーン!

ドドーン!

と打ち上げられる花火。

100名くらいいたと思われますが、全員が同時に花火を上げるのはゲームとはいえ、いいものでした。

ポプ花火3

ワイワイガヤガヤと時間が過ぎていきます。

運営の仕事がまたやってきました。

主に僕の仕事です。

ポプから二次会のお知らせがありました。

僕が移動場所と時間を連呼します。

10分くらい連呼してまいた。

みんな聞いてるのかなー?と疑っていましたけれど、二次会の会場カミハムルイ南酒場には、多くのお客様で溢れていました。

ほとんど人が砂時計となり、エラーで写真も撮れないくらいの盛況ぶりです。

ポプ花火4

もうこれ以降は、運営の仕事はありません。

ポプの独り舞台です。

二次会はダイスゲームだったのですが、運よくも一つのゲームで僕はトップをとれました。

賞品はあみごてヘナ11%。運営の給料だと思ってありがたく頂戴しました。

このへんのくだりは、ポプなどのみなさんのブログで詳しくかかれています。

今回の僕の記事は運営の仕事についてでしたので、遊んだという記事は割愛しました。



最後に運営と、二次会から遊びにきてくれたキキとトクミがまざって記念撮影となりました。

ポプ花火5

残っていたお客様との記念撮影。

ポプ花火6

ポプ花火7


今後イベントを開くというブロガーのみなさん、運営は大変ですよ。

絶対にリハーサルはしたほうがいいです。

ぶっつけ本番なんてものは、イベント慣れした経験者ができることです。

正直!大変なのですが、終わった後の充実感はありますね。

当分はイベントなんてやりたくないなとも思いますがね。

僕達にまたイベントやってほしいなんていう方もいるのかな?

ご意見があればどうぞ。





よろしければ1ポチお願いします!
モチベーションが上がります。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

メタスラ回しでレベル上げ

われらがリュドミン主催の恒例メタスラ回しに行って参りました。

前回は残念ながらコインを入手できなかったがために、留守番に甘んじてしまったイクシムですが今回は違います。

事前に12枚を用意しました!


メタスラ回しの概要(前にも書きましたが)
・4人PTでダンジョンに向かいます。
・1週目は4人がメタスラのコインをささげます。
・普通に敵を倒して行って、隠し部屋にて元気玉を使用する。
・メタスラを倒した後に、ボスは倒すか、倒されるか(全滅する)で早いほうを選択する。(時間短縮のため)
・2週目からは3人がメタスラのコインをささげて、1人が強Vロンのコインをささげる。
・雑魚は出てこなくなるので、隠し部屋から始まってメタスラを倒して、ボスに倒されて、次の回へ。
・これの繰り返し。
・Vロンのコインは現在入手できません。



開始時間に近づくにつれて続々と集まる参加者達。

ここに集うのは、3種類の人間です。

1、レベルを上げたい人

2、リュドミラさんが好きな人

3、リュドミラさんが好きでレベルを上げたい人 です。

僕は3です!!

フッ、言うまでもありませんがね。

そしてリュドミン好きのこの面子

メタスラ3回目01
イケメン3人衆。左からイクシム、ポプマーリー(一応女子らしい)、ヒレモのトクミ(こやつのリュドミンへの愛は底なしです)

チーム分けに移ります。

ここがわれらがリュドミンの最大の仕事となります。

どれだけの人数がいたのかは把握できていませんが、少なくとも4チームはありました。

テキパキ(おたおた)とみんなをチームに振り分けるリュドミン。

テンパるリュドミン。

トクミがこのテンパる姿のリュドミンが一番輝いていると熱心に語ってくれました。

メタスラ回し02
僕もその姿を見てニッコリ。

しかし、彼女一人の仕分けでは時間がかかるということで、僕が仕切りだしました。

先に、がっつりやる人(Vロンのコインをつかって時間短縮でやる)と、まったりやる人(Vロンなしで雑魚も倒していく)で分かれます。

まったりが、8人がいたので2PTに振り分けます。

まずは、回復もちとそうでないのを分けます。

あとは、流れで振り分けです。

僕の加入PTが決まりました。

しげね、リナリア、あきびん、イクシムとなりました。

では、まずは一週目開始。

隠し部屋まで到達。

元気玉を使って、メタスラを殴ります。

ボッコボコにします。

運がよかったのか、コインの枚数以上のメタスラがいました。

一気に数万の経験値が入ってきます。

うまし!

ボスも倒して、2週目突入です。

あきびん(続ける)、リナリア(続ける)、しげね(続ける)、イクシム(いいえ!)



メタスラ3回目03

一人放り出されました。

PTからアホかとなじられます。

あきびん「罰として裸で待機な。」

しげね「いいネタができたねええ。ブログ期待してます!」

と、電話がかかってきます。

ブロガーさんは、容赦がないようです。

メタスラ3回目04
裸で待機の図。

すると、こっそりやってくるリュドミン。

裸の少年が好きなのですか?と聞くと、

リュドミラ「親父好きです!」

と回答されました。

メタスラ3回目05
親父のみんなチャンスだぞ!

元気タイムが15分を切ったころで回収されて2週目へ(みんなは3周目)。

メタスラ3回目06

敵を粉砕しながら進みます。

なんとかメタスラは時間ないに倒せたのですが、ここでタイムオーバー。

僕の3周目は、お詫びにと超元気玉を使用!

後は事故もなく、無事終わることができました。

メタスラ3回目07

主催のリュドミラさん、参加者のみなさん遅くまでお疲れ様でした。




よろしければ1ポチお願いします!
モチベーションが上がります。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

食事時に見てはいけない(レポート)

とあるお祭りがあったので見て聞いたことをお伝えしようと思う。

その祭とはあやしげな村の農民が1年の豊作を願って、玉ねぎを拾う伝統行事だと言う。

これは、記者である僕が死ぬ思いですごした祭りという名の地獄。



祭りとは言えふらりと村に立ち寄っただけの僕には、村民でない以上祭りに参加する資格がない。

しかしどうしても興味を振り払うことができず、その祭りを見てみたかったのだ。

ただの祭りには見えなかったからだ。

村娘を犠牲にして、供物として捧げるような邪教やカルト集団ではなさそうだが、何か臭いのだ。

臭うのだ。僕の感が危険だと言っている。

自らの目で確かめたくなったのだ。


だからこっそり覗いてみることにした。




祭事場は、ライオンズマンションと呼ばれる2階建の派手な家だ。

人に紛れて中へ侵入すると、すでに祭りの参加者達が集まっているようだ。

若い女が多い。

何か聞こえる。

何だろうか?

かすかに耳に届くかすれた声が僕を恐怖させた。

「うんこ……。」「うんこ……。」「うんこ……。」

何だこれは!?

いったい何なのだ?

僕は旋律した!この場にいてはいけない!

うんこと言いながら女たちはスクラムを組み、ゆっくりと回り続けている。

三人ずつだ。

三人で1組で、組みが5つあるようだ。

「うんこ……。」「うんこ……。」「うんこ……。」

周りつづけている。

耐えられない。この場にいては気が狂いそうだ。

脱出しなければ!

出口へと向かうのだが、人が多すぎてたどりつけない。

もみくちゃになりながらも、出口へと到達すると扉の前に何者かが立ちはだかった。

「グヘヘヘヘヘ。」

プクリポのドレッドヘアーで「オシリ。オシリ。」と言っている。何故か装備がフルピンクだった。

クソイベ09

ダメだ!こいつは祭りの主催だったはず!?

こんなところにいるなんて!失敗だ!脱出はできないのか?

人の流れに巻き込まれて中央に戻されると、主催の号令が下された。

祭りが始まる。

何やら話していたようだが、僕にはそれを聞くだけの余裕はなかった。

しかし、連呼されるこの言葉はいやおうなく耳に入ってくる。

怒号であり、歓喜であり、雄叫びだった。

「クソが!」「クソが!」「クソが!」

「クソが!」「クソが!」「クソが!」

5組がより一層大きく、そして早くグルグルと回ると、準備ができたのか全員が勢いよく外へと飛び出した。

雪崩のように、人が外へと押し出される。

どうやら、少し離れた畑へと向かったようだ。


怖い思いをしてようやく解放されたのだが、彼女たちがこの後でいったい何をするのかと考えるとどうしてもこの場を離れて逃げ出す気にはなれなかった。

追うか?

留まるか?

僕は追った。

走った。

クソイベ01

足の遅い農民の後をつけた。

畑にたどりつくと、農民たちは主催を中心にして円陣を作っていた。

クソイベ02

クソイベ03

木陰に隠れて聞き耳を立ててみると、こんなことを言っていた。

ドレッドの主催「ワレワレノカテトナルショクモツヲソダテルクソヲアツメルノジャ」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

ドレッドの主催「ワレワレハクソヲミニツケルノジャア」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

ドレッドの主催「デハ、キサマライマヨリクソノシュウシュウニカカレ!セイゲンジカンハ、サンジュップンダ!」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

「クソが!」を呪文のように唱えた後、農民達は畑に生息するタマネギマンに突撃する。

5組が分かれて、思い思いの畑に移動した。

めいめいが「うんこ!」「うんこ!」と叫びながらたまねぎまんを襲い、腹の中からウンコを取り出していった。

腹を裂き、皮を剝き、手足を削ぐ。

中から出てくるウンコを鞄の中に収納していく。

溢れかえらんばかりのウンコは鞄の中からはみ出して、ポケットの中にも詰め込んだ。

制限時間が30分なので、タイムキーパーがいたようだ。

「10分経過。」「20分経過。」「残り5分。」と時間は過ぎていく。

「うんこ!」「うんこ!」と叫んでいた5組は、無言になりウンコの獲得に忙しい。

ドレッドの主催も農民達に混じって、ウンコ取りに夢中のようだ。

唯一タイムキーパーだけがフリーであり、5組を応援しつつ時間を計っていた。

踊るようにウンコを取り出していた5組に焦りが出始めたようだ。

タイムキーパーが話しかけても、「余裕ない。」「だまって。」など必死にの形相でウンコを集めていた。


時間が来て終了となったようだ。

クソイベ04

どうやら、元のライオンズマンションンにて順位の発表と上位獲得者に賞品が配られるようだった。

やはり、祭りというのは間違いないようだ。

どいつもこいつも、ウンコにまみれていた。

家に入れば、ウンコ臭がすごいことになるだろう。

祭りを最後まで見守る覚悟で、ライオンズマンションに先回りすることにした。

中で隠れていると、徐々に農民達が戻ってきた。

とんでもない臭いがする。

家の中はクソで満ち溢れていた。

ドレッドの主催「クソヲオオクトッタモノニハサラニクソヲワケアタエヨウ!」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

歓喜にわく農民達。

それほどにウンコが必要なのだろうか。

そして驚いたことに、最大獲得の組みには「庭具のフン水」と「ウンコ200個」が送られた。

2番目と3番目の獲得の組みにもウンコが配られたが、ダイスによって数量を決めていたようで8個~98個と幅のある結果となってしまい、不満もでていたようだ。

農民「賞品がクソすぎる!」

クソ祭りだけにクソすぎたようだ。

賞品の授与の後は記念撮影となったようだ。

クソだらけの記念撮影だ。

クソしか映らないだろう。

クソイベ05

クソイベ06

クソイベ07

クソイベ08

僕はあまりにもの臭いに二階の窓から飛び出してしまった。

逃げるようにこの村から立ち去り、この出来事を新聞に掲載した。

ありのままを書き阿鼻叫喚の世界を紹介したが、どうやら不評だったらしい。

そんなクソにまみれるような民族がいるはずがないだろうという批判を受けた。

ならば、もう一度このような機会があるのであれば証人を連れて行き嘘でないことを証明して見せよう。

次はいつだ?


絶対応援バナー!


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

おわび

続きを読む

クソイベ

クソイベやりまーす。

普段定期的に拾いに行く、畑の肥料。

拾わず、買っちゃうよという方もいることでしょう。

でも、うんこ買うの?

ゴールドがもったいないよ。

拾えばいいじゃん。

もしくは、もらえばいいじゃん!


ということで、ポプマーリー発案「第1回 うんこファイターズ(仮)」をやります。

ゲームをやって、勝てば畑の肥料を貰えるというクソイベントです。

僕とポプでがっつり賞品を拾ってきました。(ここポプの方で秘匿されています。)

最大100個貰えます!

何が?

踏んだらやばいやつです。

投げつけるとドラゴンでもエリア移動してしまうやつです。

アラレちゃんが、木の枝に刺しているやつです。

もう、お分かりですよね?(それ以外にも豪華賞品有)


詳細はここを見てください。


日程:6月22日 23時~

場所:ライオンズマンション集合(欄外にあるライオンの住所です。)

参加資格:うんこが欲しい方

必要な物:うんこ収納ケース、汚れてもいい服装



運営:ポプシム


ふらっと遊びに来てください。ポプと僕がクソ運営でがんばります。

以上、不明な点があればご連絡ください。

合言葉は、

クソイベ
















「クソが!」


絶対応援バナー!


ドラゴンクエストX ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。