Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C419]

こういう書き方、面白いですね(^-^)/
イベントも面白かったです。

クソがっ!
  • 2013-06-24 21:45
  • ヤコ
  • URL
  • 編集

[C420]

イベントおつかれさまー!

今度、拾う側に行ってごらん!
楽しいから!!

最後のおわびが収納されていて笑えました。
私、君が書くこういう記事好きだけどねー(笑)

まぁ、私は農民じゃなくて、

何気なくオルフェアの地下トンネルをくぐったら、
空間のねじれで、変な世界に迷い込んじゃって。

さまよってるうちに、恐ろしい儀式に巻きこまれた女子高生

っていう設定に書き変えとくね。
(脳内で)
  • 2013-06-24 21:45
  • myla
  • URL
  • 編集

[C421]

うん、こういうの嫌いじゃないw
  • 2013-06-25 08:04
  • ふじさき
  • URL
  • 編集

[C422]

その変な笑い方してる主催者って、、、
誰なんだろう。。
(だめだわ。めちゃおもしろい。笑わせて頂きましたww)

もう次確定してしもてるw
  • 2013-06-25 12:03
  • ポプマーリー
  • URL
  • 編集

[C423]

ふむ
これが貴方の言っていたシモ記事ですか・・・
きれいにまとめていますが
所詮はKUSOだということを
お忘れなく!

でもこういう記事はいいですね
さすが編集長!!
  • 2013-06-25 12:28
  • かふか
  • URL
  • 編集

[C424] 返信

●ヤコさん
最初にテーマを設けて、道筋たてて文章を考えていくとこんな感じになってしまったよ。
本当は参加者のみなさんの名前を出したかったんだけど、ノリがまっとうな記事にするのを邪魔しました。

●mylaさん
あなたは女子高生だったかもしれませんが、クソにまみれた女子高生でした。
クソをつかむ少女でした。

●ふじさきさん
すべてノリの賜物です。
仕事中に自分でも笑ってしまうのをこらえながら作っていましたね。
アホですな。

●ドレッドの主催様
イベントお疲れ様でした。
今回の記事ではボスとして登場していただきました。大活躍でしたね!

●かふかさん
日曜日に話していた時に、シモとエロのどちらでやろうかと悩んでました。
でも、このような記事になったのは、かふかさんのおかげかと。
エロを選んだ場合収集がつかなくなる可能性があって、シモとしました。
  • 2013-06-25 20:41
  • イクシム
  • URL
  • 編集

[C427]

ハウスクリーニングに参りました~
……………
大変申し訳ありませんが、今回の契約はなかったことに。
失礼いたしました~!
  • 2013-06-26 00:26
  • グエンドリン
  • URL
  • 編集

[C435]

コメントおそくなったぁああああ!!!

いつも運営お疲れ様!とっても楽しませてもらったよ!

アフロが茶色になるほど・・・・。

二回目は参加側に回れるといいね!!!
  • 2013-06-29 13:14
  • おはな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/85-fe4de9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食事時に見てはいけない(レポート)

とあるお祭りがあったので見て聞いたことをお伝えしようと思う。

その祭とはあやしげな村の農民が1年の豊作を願って、玉ねぎを拾う伝統行事だと言う。

これは、記者である僕が死ぬ思いですごした祭りという名の地獄。



祭りとは言えふらりと村に立ち寄っただけの僕には、村民でない以上祭りに参加する資格がない。

しかしどうしても興味を振り払うことができず、その祭りを見てみたかったのだ。

ただの祭りには見えなかったからだ。

村娘を犠牲にして、供物として捧げるような邪教やカルト集団ではなさそうだが、何か臭いのだ。

臭うのだ。僕の感が危険だと言っている。

自らの目で確かめたくなったのだ。


だからこっそり覗いてみることにした。




祭事場は、ライオンズマンションと呼ばれる2階建の派手な家だ。

人に紛れて中へ侵入すると、すでに祭りの参加者達が集まっているようだ。

若い女が多い。

何か聞こえる。

何だろうか?

かすかに耳に届くかすれた声が僕を恐怖させた。

「うんこ……。」「うんこ……。」「うんこ……。」

何だこれは!?

いったい何なのだ?

僕は旋律した!この場にいてはいけない!

うんこと言いながら女たちはスクラムを組み、ゆっくりと回り続けている。

三人ずつだ。

三人で1組で、組みが5つあるようだ。

「うんこ……。」「うんこ……。」「うんこ……。」

周りつづけている。

耐えられない。この場にいては気が狂いそうだ。

脱出しなければ!

出口へと向かうのだが、人が多すぎてたどりつけない。

もみくちゃになりながらも、出口へと到達すると扉の前に何者かが立ちはだかった。

「グヘヘヘヘヘ。」

プクリポのドレッドヘアーで「オシリ。オシリ。」と言っている。何故か装備がフルピンクだった。

クソイベ09

ダメだ!こいつは祭りの主催だったはず!?

こんなところにいるなんて!失敗だ!脱出はできないのか?

人の流れに巻き込まれて中央に戻されると、主催の号令が下された。

祭りが始まる。

何やら話していたようだが、僕にはそれを聞くだけの余裕はなかった。

しかし、連呼されるこの言葉はいやおうなく耳に入ってくる。

怒号であり、歓喜であり、雄叫びだった。

「クソが!」「クソが!」「クソが!」

「クソが!」「クソが!」「クソが!」

5組がより一層大きく、そして早くグルグルと回ると、準備ができたのか全員が勢いよく外へと飛び出した。

雪崩のように、人が外へと押し出される。

どうやら、少し離れた畑へと向かったようだ。


怖い思いをしてようやく解放されたのだが、彼女たちがこの後でいったい何をするのかと考えるとどうしてもこの場を離れて逃げ出す気にはなれなかった。

追うか?

留まるか?

僕は追った。

走った。

クソイベ01

足の遅い農民の後をつけた。

畑にたどりつくと、農民たちは主催を中心にして円陣を作っていた。

クソイベ02

クソイベ03

木陰に隠れて聞き耳を立ててみると、こんなことを言っていた。

ドレッドの主催「ワレワレノカテトナルショクモツヲソダテルクソヲアツメルノジャ」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

ドレッドの主催「ワレワレハクソヲミニツケルノジャア」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

ドレッドの主催「デハ、キサマライマヨリクソノシュウシュウニカカレ!セイゲンジカンハ、サンジュップンダ!」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

「クソが!」を呪文のように唱えた後、農民達は畑に生息するタマネギマンに突撃する。

5組が分かれて、思い思いの畑に移動した。

めいめいが「うんこ!」「うんこ!」と叫びながらたまねぎまんを襲い、腹の中からウンコを取り出していった。

腹を裂き、皮を剝き、手足を削ぐ。

中から出てくるウンコを鞄の中に収納していく。

溢れかえらんばかりのウンコは鞄の中からはみ出して、ポケットの中にも詰め込んだ。

制限時間が30分なので、タイムキーパーがいたようだ。

「10分経過。」「20分経過。」「残り5分。」と時間は過ぎていく。

「うんこ!」「うんこ!」と叫んでいた5組は、無言になりウンコの獲得に忙しい。

ドレッドの主催も農民達に混じって、ウンコ取りに夢中のようだ。

唯一タイムキーパーだけがフリーであり、5組を応援しつつ時間を計っていた。

踊るようにウンコを取り出していた5組に焦りが出始めたようだ。

タイムキーパーが話しかけても、「余裕ない。」「だまって。」など必死にの形相でウンコを集めていた。


時間が来て終了となったようだ。

クソイベ04

どうやら、元のライオンズマンションンにて順位の発表と上位獲得者に賞品が配られるようだった。

やはり、祭りというのは間違いないようだ。

どいつもこいつも、ウンコにまみれていた。

家に入れば、ウンコ臭がすごいことになるだろう。

祭りを最後まで見守る覚悟で、ライオンズマンションに先回りすることにした。

中で隠れていると、徐々に農民達が戻ってきた。

とんでもない臭いがする。

家の中はクソで満ち溢れていた。

ドレッドの主催「クソヲオオクトッタモノニハサラニクソヲワケアタエヨウ!」

農民達「クソが!」「クソが!」「クソが!」

歓喜にわく農民達。

それほどにウンコが必要なのだろうか。

そして驚いたことに、最大獲得の組みには「庭具のフン水」と「ウンコ200個」が送られた。

2番目と3番目の獲得の組みにもウンコが配られたが、ダイスによって数量を決めていたようで8個~98個と幅のある結果となってしまい、不満もでていたようだ。

農民「賞品がクソすぎる!」

クソ祭りだけにクソすぎたようだ。

賞品の授与の後は記念撮影となったようだ。

クソだらけの記念撮影だ。

クソしか映らないだろう。

クソイベ05

クソイベ06

クソイベ07

クソイベ08

僕はあまりにもの臭いに二階の窓から飛び出してしまった。

逃げるようにこの村から立ち去り、この出来事を新聞に掲載した。

ありのままを書き阿鼻叫喚の世界を紹介したが、どうやら不評だったらしい。

そんなクソにまみれるような民族がいるはずがないだろうという批判を受けた。

ならば、もう一度このような機会があるのであれば証人を連れて行き嘘でないことを証明して見せよう。

次はいつだ?


絶対応援バナー!


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

おわび

もうこんな記事は書きません。

不快に思われた方には、ごめんなさい。

この記事をたまたまなにげなく見られた方、ほんとすみませんでした。

こいつアホかと思われた方、バナー押していってね。
スポンサーサイト

コメント

[C419]

こういう書き方、面白いですね(^-^)/
イベントも面白かったです。

クソがっ!
  • 2013-06-24 21:45
  • ヤコ
  • URL
  • 編集

[C420]

イベントおつかれさまー!

今度、拾う側に行ってごらん!
楽しいから!!

最後のおわびが収納されていて笑えました。
私、君が書くこういう記事好きだけどねー(笑)

まぁ、私は農民じゃなくて、

何気なくオルフェアの地下トンネルをくぐったら、
空間のねじれで、変な世界に迷い込んじゃって。

さまよってるうちに、恐ろしい儀式に巻きこまれた女子高生

っていう設定に書き変えとくね。
(脳内で)
  • 2013-06-24 21:45
  • myla
  • URL
  • 編集

[C421]

うん、こういうの嫌いじゃないw
  • 2013-06-25 08:04
  • ふじさき
  • URL
  • 編集

[C422]

その変な笑い方してる主催者って、、、
誰なんだろう。。
(だめだわ。めちゃおもしろい。笑わせて頂きましたww)

もう次確定してしもてるw
  • 2013-06-25 12:03
  • ポプマーリー
  • URL
  • 編集

[C423]

ふむ
これが貴方の言っていたシモ記事ですか・・・
きれいにまとめていますが
所詮はKUSOだということを
お忘れなく!

でもこういう記事はいいですね
さすが編集長!!
  • 2013-06-25 12:28
  • かふか
  • URL
  • 編集

[C424] 返信

●ヤコさん
最初にテーマを設けて、道筋たてて文章を考えていくとこんな感じになってしまったよ。
本当は参加者のみなさんの名前を出したかったんだけど、ノリがまっとうな記事にするのを邪魔しました。

●mylaさん
あなたは女子高生だったかもしれませんが、クソにまみれた女子高生でした。
クソをつかむ少女でした。

●ふじさきさん
すべてノリの賜物です。
仕事中に自分でも笑ってしまうのをこらえながら作っていましたね。
アホですな。

●ドレッドの主催様
イベントお疲れ様でした。
今回の記事ではボスとして登場していただきました。大活躍でしたね!

●かふかさん
日曜日に話していた時に、シモとエロのどちらでやろうかと悩んでました。
でも、このような記事になったのは、かふかさんのおかげかと。
エロを選んだ場合収集がつかなくなる可能性があって、シモとしました。
  • 2013-06-25 20:41
  • イクシム
  • URL
  • 編集

[C427]

ハウスクリーニングに参りました~
……………
大変申し訳ありませんが、今回の契約はなかったことに。
失礼いたしました~!
  • 2013-06-26 00:26
  • グエンドリン
  • URL
  • 編集

[C435]

コメントおそくなったぁああああ!!!

いつも運営お疲れ様!とっても楽しませてもらったよ!

アフロが茶色になるほど・・・・。

二回目は参加側に回れるといいね!!!
  • 2013-06-29 13:14
  • おはな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/85-fe4de9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。