Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/157-1e7881d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銭湯(地元ネタ)

寒い季節がまだまだ続きます。ご機嫌いかがでしょうか。

自宅の風呂事情により銭湯通いをすることになったイクシムさんです。

会社帰りに駅から車で10分。津市にありますスーパー銭湯「極楽湯」。

SENOPARKにある、スーパー、書店、飲食店はよく利用するのですが、道を挟んだ広い敷地にある極楽湯はどんなものだろうと気になっていました。

朝も昼も、もちろん夜も駐車場には多くの車が並んでいて、ナンバープレートを見ると地元民だけでなく、他県からのお客さんもいるようです。

大人気の銭湯です。

わたくし、公衆浴場は大の苦手としておりまして、温泉の誘いはなんらかの理由をつけて断るのが常でした。

人前で裸になるのって恥ずかしくないですか?

無理です。

無理なのですが、

が!

行かなくてはならなくなったのっ!



極楽湯は温泉で、温泉らしい入浴料をとられます。平日の一般向け料金は750円。会員になると割引されます。

会員になるつもりはないので、一般になりますが、そこは地元ということで割引券を集めました。

割引券利用で、一回500円券だっぜ!やったね、安くなったね!!

300円程度にならないでしょうかね。500円って地味に財布にダメージがあります。

暖簾をくぐると下駄箱があって、100円を入れると施錠できるようになっています。でも無料ですので、鍵を開ければ100円は戻ってきます。このシステムは脱衣場のコインロッカーも同様です。

下駄箱を開けると他人の靴が入っていることが多々あります。施錠しない方がいるのです。100円が戻ってくることを知らないのでしょうかね。ケチもいいとこですが、いたずらされても文句は言えませんよね。鍵をされたらアウトで、靴を取り出すには解錠代をいくらか支払う必要があります。

中に入ると食事ができるフロアが広がっていて、メニューを見ると豊富な品揃えで、食事を楽しみにしているお客さんもいます。

お風呂上がりの食事は美味しいことでしょう。

側には、子供が無料で遊べるスーパーファミコン(ぷよぷよ等)が設置されているのを初め、太鼓の達人、スロット等があります。つれを待つまでの暇潰しにはもってこいでしょう。

遊具の反対側にはマッサージ施設が充実。300円から利用できるようです。手もみもあります。

奥へ到達すると、男女で別れて浴場へ。

ロッカーへ着衣をぶちこんでタオル一枚もって浴槽へと急ぎます。

石鹸、シャンプーは備え付けがあるので不要です。

かけ湯がまず現れて汚れを落としてとのことですが、体を洗ってからでないと入浴する気にはなりません。

ワシャーワシャーと洗います。体を洗っていると付近にいる方々がどうしても気になります。

見ると、歯を磨く方(うちでは風呂場で歯磨きはしませんので驚きました)がいます。

ずっと素っ裸で仁王立ちしている方がいます。

手で鼻をかむ方がいます。「チーーンッ!」

泡が流しきれてないのに浴槽へ向かう方がいます。

ぞうさんを見せつける方がいます。(見たくないです。僕は恥ずかしいので絶対タオルで隠します)

銭湯というものはこんなものだと分かってはいましたが、昔から変わらないものだと再認識しました。

浴槽は、大きめの浴槽、ジェットバス(敷居があるので個人で占有できる)、源泉(冷たいです)、日替わりの湯の4種類あって、最初に浸かるのはジェットバスです。

横たわって入ります。泡がボコボコ気持ちいいです。すぐ飽きますので、次は日替わりの湯に向かいます。

湯の質を毎日替えるのが売りですが、入浴剤でごまかしているようです。若干熱め。

源泉はパス。

最後は大きめの浴槽の端へ。ぬるいので、追い焚きが好きな方には物足りないかも。

浴槽を転々としていますが、入浴時間は15分もありません。のんびり入るのは苦手なのです。

割引券を使って500円で入浴できていますが、元がとれているとはとても思えません。

上がって、着替えるとロッカーから100円が戻ってきますので、それでフルーツ黒酢を飲みます。そして牛乳系(120円)。

後は車で帰るだけですが、正直疲れます。他人と一緒するのがどうにもこうにも疲れるのです。

そんな平日のスーパー銭湯ですが、日曜日には奮発して、本格的な温泉に行ってきました。



三重県は榊原にあります、榊原館。

自宅から車で40分くらいかかります。

温泉宿ですが、今回は入浴だけです。

入浴代1000円を払い、受付で館内用の着替えを受けとります。

私服で館内をうろつくことはできません。

大きい浴槽と小さい浴槽があって、日替わりで男女が入れ替わります。

昼前に来たこともあって、それほど混んでいなくて、のんびりつかれました。

露天風呂もありますが、裸で外に出ることに躊躇いましたのでスルー。もし行ったとしても男しかいません。

湯の質が良く、肌も、疲弊した心もツルツルに!やはり温泉とはいいものだと実感しましたね。

風呂上がりに土産物をのぞいてみると、妖怪ウオッチせんべいだかサブレだかが並んでいて、ポケモンではなく妖怪ウオッチなのだと、時の流れを感じました。

ゲラゲラポー。(見たことないのでよくわかりません)

自宅に風呂があるありがたみを感じた10日間でした。

温泉は、お誘いがあれば行きたいと思います。泊まりがけもいいかもしれませんね。

以上。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/157-1e7881d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。