Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C645]

なるほど

イク氏、理解に繋がるいいブログ。
  • 2013-09-25 01:51
  • ルリヲ
  • URL
  • 編集

[C646] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C647]

俺も広場はよく使いますが、人探しはホントに大変だと思います。
イクシムさんの活躍も初めて見ましたw
  • 2013-09-25 13:01
  • ケイシュウ
  • URL
  • 編集

[C648]

い、いかつい………。

そうかー、解散後、ゴロさんからフレ申請来た時は、なんで自分のIDわかったのか不思議だったんですけど、そういうことだったんですねー。
実を言うと私のほうでも、広場で100、森 プーさん、とかで検索して、100森(元)見つけてました。
連絡していいものか逡巡している間に、そちらから接触してくれたので、すごくほっとしたのを覚えてます。
感謝してるよ!

でも私のID見つけ出したのがイクシムさんだって知って、
なんで?こっそりメンバーのマイページ見に行ったのわかったとか?あしあと機能ないのに?スーパーハッカー!?
とかビビッてましたw
まさかのマイページひらきっぱなしwww
でも確かにそのおかげだよね!
ありがとー!
  • 2013-09-25 15:52
  • グエンドリン
  • URL
  • 編集

[C649]

あれからもう一年だね~。
良い仲間が集まったもんだ。
無言フェードアウトの残念さを身をもって体感したし画面の向こうにはやっぱり同じ人間がプレイしてるんだなと心から思ったのはこの時からだったなぁ…
最近は引退する人増えたけどエアフレ状態なのに手紙を送ってきてくれる人が結構いて相手を尊重できる素敵な人だったんだなぁと思うことがあるよ。
そして自分もそうでありたいと思うね。
  • 2013-09-25 22:33
  • ポッツ
  • URL
  • 編集

[C651]

チームに入って1週間か10日か。
楽しくなりそう?と期待していた矢先の事件でした。
何が起こったのかわからなくて、聞きたくて、朝にINしていた人の名を思いだし、広場検索して見つけたのがポッツさん。フレ飛ばしたら、なんでわかった?!と驚いてましたね〜w

また皆で遊びたいから、とすぐに仮チームの立ち上げをしてくれて、その最中に、直に会いにコトさんが走って来たんだったかな。

私達じゃなくても、きっと誰かしらが同じことをしていたのでは、と思います。
  • 2013-09-26 07:24
  • マリー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/118-1c0172c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連載第四回 復活とグエンドリンを探せ!

冒険者の広場って、積極的に使ってますか?

今でこそ冒険日誌、フレンド登録など便利な機能があって利用する方は少なくないと思われます。

そこにはコメント欄がありまして、特定の誰かにメッセージを残せるようになっています。

数えきれないくらいのコメをもらう方もいれば、1年たっても0の方もいるかもしれません。

僕のコメント第一号は、今はもうチームには在籍していませんがコトリーヌさんからの重要なお知らせでした。

「突然の解散に驚かれたかと思います。ポッツさんのもと再びあつまってもいいのなら、連絡をください。」

というものでした。

一人キックされたものだと腐っていた僕には、そのメッセージは吉報でした。

終業が待ちきれず、残業にもなって、会社のコミュを全ての断りかわして、電車に乗り込み、自転車を倍速で回してアストルティアにインします。

まあ、風呂と晩飯はたいらげましたが。

準備万端でポッツさんに連絡をとるために、フレを飛ばそうとすると何故か向こうから飛んできました。



さすがに驚きましたね。

どこで見張っていたのでしょう。

近くに姿は見えないのですがね。

「仮のチーム作ったから。ひとまずはチームに戻って。」

100森(元)

なんと捻りもないチーム名でしょうか。

僕は、100エーカーの森という名前は気にいっていたんです。

無くなってしまったものは、また新しく築き上げなくてはなりません。

100エーカーの森と名付けるわけにもいけません。

名前はあらためてみんで決めよう。

好きな名前をあげていけば、きっといい名前があるはずです。

夜。

じょじょに、元のメンバーが集まってきます。

「お帰り。」

一人チームに戻る度に、お帰りと喜び合います。

ポッツさんがガタラにいたので、駅前にチムメンが集まってきます。

空瓶(仮称)さんも当然戻る権利があります。

連れ戻しました。

中には、自分から出てしまったので戻るつもりはないという方もいました。

大方のメンバーが戻り、今回の解散劇をめいめいにが語ります。

驚いたね。

残念だったね。

実は楽しかった。

と再び集まれた安心からか、みんな楽しそうに話していました。

この再集結には功労者が3人いました。

主婦であるマリーさんとコトリーヌさんは解散をいち早く気付き、フレンドではなかったために冒険者広場で誰かいないか検索して、町にいたのを見つけて直接会いに行ったそうです。

そして、元メンバーを広場で検索して全員にコメントを書き込みました。

このコメントがなければこの短時間での再集結はできなかったでしょう。

もう一人はポッツさんで、昼夜インできる特性を持ってメンバーを集めてくれました。

ついでにそのままリーダーにさせられましたので、その後は気苦労もあったことでしょう。

マリーさんとコトリーヌさんがポッツさんを捕まえられたのも成功の鍵だったのではないでしょうか。



さて、この日で全ての人が集まったわけではありません。

どうしても、捕まえられない方がいたのです。

解散の前日に加入したメンバーです。

グエンドリンさんでした。

まず、誰も彼女とフレンドになっていない。

広場の検索にも引っ掛からないのです。

メンバーの誰もが加入した次の日に解散、もしくはキックされたとなるとトラウマになるよなと話します。

さて困ったぞと、連絡をとる方法をみんなで模索しますが、探し出すことはできなかったのです。

グエンさんのほうから、連絡をとってもらうというのは難しいはずです。

僕にいたっては、面識すらないのです。

広場で見た、いかつい顔のお姉さんというイメージしかありません。(失礼)

広場で見たのです。

グエンドリンさんを。

解散する前日に。

携帯で!

携帯で見た、ネットのウインドウは閉じていませんでした。

更新もしていませんでした。

そこにあったのは、解散前のグエンドリンさんのページ!

情報ページが消えずに残っていたのです。

僕は一度もお話していないので、僕が直接連絡をとるわけにはいきませんでした。(不審がられるよね?)

チムメンに彼女のIDを投げて、あとは連絡を取るのみです。

連絡がついて事情を説明をしたのだと思われますが、無事グエンドリンさんもチーム復帰となりました。

感謝してくれてもいいのですよ?僕の助力がなければ復帰できなかったのですからね!

いやいや、こんなこと思ってもいませんよ?

復帰できてよかったー!おめでと!

後日正式にポッツさんがリーダーに決まり、仮のチーム「100森(元)」は一度解散となりました。

チーム名を募集して、投票で決まった新しいチームは「絆の森」となりました。

二度の解散を経て、新チームとして復活です。

チーム決起集会がガタラの展望台で行われたのは、いい思い出となっています。

つづく。

え?まだ続くのと思われた方、甘いです。

僕がブログを書くようになったきっかけなどを、次回からお話させていただきます。



以下宣伝!

チーム絆の森は、チームメンバーを募集しています。

社会人チームで、主婦さんを含めて朝から深夜まで幅広い時間帯で活動しています。

チームに参加してみたいと考えている方、どうぞ来て見てください。

30、40代の年齢層ですので近い年齢の方であれば、話も合うと思います。

チームクエストや、チームイベントも盛んに行われていて楽しくバカやっています。

興味がある方は、どうぞご一報ください。


〈連絡先〉
――下記にご連絡ください――
ゲーム中に直接フレ申請や、「目覚めし冒険者の広場」のあしあと伝言板、
もしくは当ブログコメントに加入申請を書き込んでください。

・チームリーダー ポッツ [CR313-541]
 チームメンバー イクシム [TQ814-883]
スポンサーサイト

コメント

[C645]

なるほど

イク氏、理解に繋がるいいブログ。
  • 2013-09-25 01:51
  • ルリヲ
  • URL
  • 編集

[C646] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C647]

俺も広場はよく使いますが、人探しはホントに大変だと思います。
イクシムさんの活躍も初めて見ましたw
  • 2013-09-25 13:01
  • ケイシュウ
  • URL
  • 編集

[C648]

い、いかつい………。

そうかー、解散後、ゴロさんからフレ申請来た時は、なんで自分のIDわかったのか不思議だったんですけど、そういうことだったんですねー。
実を言うと私のほうでも、広場で100、森 プーさん、とかで検索して、100森(元)見つけてました。
連絡していいものか逡巡している間に、そちらから接触してくれたので、すごくほっとしたのを覚えてます。
感謝してるよ!

でも私のID見つけ出したのがイクシムさんだって知って、
なんで?こっそりメンバーのマイページ見に行ったのわかったとか?あしあと機能ないのに?スーパーハッカー!?
とかビビッてましたw
まさかのマイページひらきっぱなしwww
でも確かにそのおかげだよね!
ありがとー!
  • 2013-09-25 15:52
  • グエンドリン
  • URL
  • 編集

[C649]

あれからもう一年だね~。
良い仲間が集まったもんだ。
無言フェードアウトの残念さを身をもって体感したし画面の向こうにはやっぱり同じ人間がプレイしてるんだなと心から思ったのはこの時からだったなぁ…
最近は引退する人増えたけどエアフレ状態なのに手紙を送ってきてくれる人が結構いて相手を尊重できる素敵な人だったんだなぁと思うことがあるよ。
そして自分もそうでありたいと思うね。
  • 2013-09-25 22:33
  • ポッツ
  • URL
  • 編集

[C651]

チームに入って1週間か10日か。
楽しくなりそう?と期待していた矢先の事件でした。
何が起こったのかわからなくて、聞きたくて、朝にINしていた人の名を思いだし、広場検索して見つけたのがポッツさん。フレ飛ばしたら、なんでわかった?!と驚いてましたね〜w

また皆で遊びたいから、とすぐに仮チームの立ち上げをしてくれて、その最中に、直に会いにコトさんが走って来たんだったかな。

私達じゃなくても、きっと誰かしらが同じことをしていたのでは、と思います。
  • 2013-09-26 07:24
  • マリー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ixime3.blog.fc2.com/tb.php/118-1c0172c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。