Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザDAYS

去年の暮れにドラクエ仲間にインフルエンザの予防接種を勧められたので受けておきました。

その後、ネットで予防接種は効果がないという記事を見つけて苦笑しつつその数日後に体調不良に陥りました。

月曜日に突然咳がで出して、火曜日には寒気が伴い、水曜日に微熱、木曜日にこりゃ風邪だから病院行っとこと、昼に内科へと赴き、念のためインフルエンザ検診も受けましたら、診察後隔離された病室へ連れて行かれて結果を待つと先生が「A型ですね。今流行ってるやつですよ。」とインフル認定を受けました。

微熱しか出なかったので予想外でした。インフルエンザって高熱が出るものでしょう?

吸引型のインフルエンザ用の薬をもらいました。ここ数年インフルエンザにはかかっていなかったので、このような薬は初めて見ました。

丸いシートに朝晩分の薬が4つついていて、そのシートを吸飲器にはめて、吸飲器に付いている針でシートを破ります。穴を開ければ薬を吸い出すことができます。

看護師さんの説明を受けつつやってみるものの、何故か看護師さんが使い慣れていない様子。要領はわかりましたが、わざわざ薬を吸う必要があったのか、水で流すのが良くないとかあるのかもしれませんが、理由を聞いておけば良かったと後悔しています。

会社に戻り、ウイルス扱いされつつ仕事の引き継ぎをしてもらい早退しました。

帰りの電車でマスクはしていましたが、あまりにも咳が酷く、隣にいた方が逃げ出す始末。うん、離れた方が賢明ですよ。

16時過ぎに家に戻り、18時に寝床に着きました。こんな時間に寝付けるわけがなく、何もできないのでブログで何か書こうかと記事のプロットだけ考えていました。

いつの間にか寝ていて、目覚めてそして寝て、目覚めてを繰り返しつつ、次の日の朝を迎えました。12時間寝ていたことになります。

幸いこれ以上悪化することもなく、終息に向かいました。

予防接種はインフルエンザを防ぐことが第一、第二にインフルエンザにかかったとしても病状を抑える効果があると言われてます。酷くならなかったのは、予防接種を受けていたからでしょう。

予防接種を勧めてくれたりびさんに感謝を。

そして丁度その時休日だったことの幸運を喜びます。

仕事仲間にも謝罪と感謝を。

昔から、インフルエンザは人混みに行くとよく貰ってきました。

今回どこで貰ってきたかを考えると、

1、社内で一人インフルエンザにかかった社員がいたのでそのこからもらった。

2、先日の銭湯通いでもらった。

これくらいかなと思います。

インフルエンザにかかると後が面倒なので、予防接種は絶対受けておくこと。うがい、手洗いをすること、マスクで予防すること、健康でいるための努力は怠らないでおきましょう。

オンゲ好きにはつきものの、睡眠不足もNGなので気をつけましょうね。

この記事を見てくれた方の健康をお祈り申し上げます。

以上。
スポンサーサイト

銭湯(地元ネタ)

寒い季節がまだまだ続きます。ご機嫌いかがでしょうか。

自宅の風呂事情により銭湯通いをすることになったイクシムさんです。

会社帰りに駅から車で10分。津市にありますスーパー銭湯「極楽湯」。

SENOPARKにある、スーパー、書店、飲食店はよく利用するのですが、道を挟んだ広い敷地にある極楽湯はどんなものだろうと気になっていました。

朝も昼も、もちろん夜も駐車場には多くの車が並んでいて、ナンバープレートを見ると地元民だけでなく、他県からのお客さんもいるようです。

大人気の銭湯です。

わたくし、公衆浴場は大の苦手としておりまして、温泉の誘いはなんらかの理由をつけて断るのが常でした。

人前で裸になるのって恥ずかしくないですか?

無理です。

無理なのですが、

が!

行かなくてはならなくなったのっ!



極楽湯は温泉で、温泉らしい入浴料をとられます。平日の一般向け料金は750円。会員になると割引されます。

会員になるつもりはないので、一般になりますが、そこは地元ということで割引券を集めました。

割引券利用で、一回500円券だっぜ!やったね、安くなったね!!

300円程度にならないでしょうかね。500円って地味に財布にダメージがあります。

暖簾をくぐると下駄箱があって、100円を入れると施錠できるようになっています。でも無料ですので、鍵を開ければ100円は戻ってきます。このシステムは脱衣場のコインロッカーも同様です。

下駄箱を開けると他人の靴が入っていることが多々あります。施錠しない方がいるのです。100円が戻ってくることを知らないのでしょうかね。ケチもいいとこですが、いたずらされても文句は言えませんよね。鍵をされたらアウトで、靴を取り出すには解錠代をいくらか支払う必要があります。

中に入ると食事ができるフロアが広がっていて、メニューを見ると豊富な品揃えで、食事を楽しみにしているお客さんもいます。

お風呂上がりの食事は美味しいことでしょう。

側には、子供が無料で遊べるスーパーファミコン(ぷよぷよ等)が設置されているのを初め、太鼓の達人、スロット等があります。つれを待つまでの暇潰しにはもってこいでしょう。

遊具の反対側にはマッサージ施設が充実。300円から利用できるようです。手もみもあります。

奥へ到達すると、男女で別れて浴場へ。

ロッカーへ着衣をぶちこんでタオル一枚もって浴槽へと急ぎます。

石鹸、シャンプーは備え付けがあるので不要です。

かけ湯がまず現れて汚れを落としてとのことですが、体を洗ってからでないと入浴する気にはなりません。

ワシャーワシャーと洗います。体を洗っていると付近にいる方々がどうしても気になります。

見ると、歯を磨く方(うちでは風呂場で歯磨きはしませんので驚きました)がいます。

ずっと素っ裸で仁王立ちしている方がいます。

手で鼻をかむ方がいます。「チーーンッ!」

泡が流しきれてないのに浴槽へ向かう方がいます。

ぞうさんを見せつける方がいます。(見たくないです。僕は恥ずかしいので絶対タオルで隠します)

銭湯というものはこんなものだと分かってはいましたが、昔から変わらないものだと再認識しました。

浴槽は、大きめの浴槽、ジェットバス(敷居があるので個人で占有できる)、源泉(冷たいです)、日替わりの湯の4種類あって、最初に浸かるのはジェットバスです。

横たわって入ります。泡がボコボコ気持ちいいです。すぐ飽きますので、次は日替わりの湯に向かいます。

湯の質を毎日替えるのが売りですが、入浴剤でごまかしているようです。若干熱め。

源泉はパス。

最後は大きめの浴槽の端へ。ぬるいので、追い焚きが好きな方には物足りないかも。

浴槽を転々としていますが、入浴時間は15分もありません。のんびり入るのは苦手なのです。

割引券を使って500円で入浴できていますが、元がとれているとはとても思えません。

上がって、着替えるとロッカーから100円が戻ってきますので、それでフルーツ黒酢を飲みます。そして牛乳系(120円)。

後は車で帰るだけですが、正直疲れます。他人と一緒するのがどうにもこうにも疲れるのです。

そんな平日のスーパー銭湯ですが、日曜日には奮発して、本格的な温泉に行ってきました。



三重県は榊原にあります、榊原館。

自宅から車で40分くらいかかります。

温泉宿ですが、今回は入浴だけです。

入浴代1000円を払い、受付で館内用の着替えを受けとります。

私服で館内をうろつくことはできません。

大きい浴槽と小さい浴槽があって、日替わりで男女が入れ替わります。

昼前に来たこともあって、それほど混んでいなくて、のんびりつかれました。

露天風呂もありますが、裸で外に出ることに躊躇いましたのでスルー。もし行ったとしても男しかいません。

湯の質が良く、肌も、疲弊した心もツルツルに!やはり温泉とはいいものだと実感しましたね。

風呂上がりに土産物をのぞいてみると、妖怪ウオッチせんべいだかサブレだかが並んでいて、ポケモンではなく妖怪ウオッチなのだと、時の流れを感じました。

ゲラゲラポー。(見たことないのでよくわかりません)

自宅に風呂があるありがたみを感じた10日間でした。

温泉は、お誘いがあれば行きたいと思います。泊まりがけもいいかもしれませんね。

以上。

ボス戦×ゆく年くる年。

ボス戦×行く年来る年

明けましておめでとうございます。

2015年一発目の更新となりました。

年末年始はどこかへ出かけるわけでもなく、飲み会に参加することもなく、いわゆる寝正月と洒落混みました。

割りと寂しい感じでしたね。

アストルティアにインしても、お休みという雰囲気でフレンドもチムメンも少なかったですねえ。

割りと寂しい感じでしたね。

割りと寂しい休みでしたね。

でも、軽くライン仲間で忘年会っぽいことはしましたよ。酒とつまみで、今年を振り返りつつただの無駄話に花を咲かせます。

飲みすぎました。



さて、休みの間に何をやっていたかというと、クエスト消化とメインストーリーです。

イクシムはバージョンアップ後に即大魔王を討伐できるように進めてありまして、殺ってきました大魔王。

返り討ちでした。

年末に挑むも、あえなく全滅。

負けるかと再挑戦するも、HPがオレンジになったところで、回線落ちでバトルフィールドから追い出されるアクシデントに見舞われて意気消沈。(ストーリーリーダーが落ちると強制終了になるようです。アンルシアの都合でしょうか)

続きは年明けとして、2014年のドラクエは終了しました。

大晦日はインせず。

寝転がってテレビを見つつ、ぐーぐーぐー。

正月休みは、これでもかと言うくらいのぐうたらダメ人間を作り上げてしまうのです。


元日。

夜にはインできましたので、一人寂しくレベルを上げようとした時、またもやアクシデントが起こりました。

メタルな香水を使ってから、新春ふくびきを集めるためにうんめーもちを食べると、香水の効果が消えるんですね。

約40万の経験値(希望額)が、泡のように消えました。

泣きながらタコメットをやっていると、ライン仲間が一人やってきました。

僕と同じく大魔王が未討伐で今からやるのだと聞きましたので、せっかくなので参加させていただきました。

元日からラスボスの討伐とは、なかなかいきじゃないですか!

道具(私)、バトマス、僧侶、僧侶(サポ)、アンルシアの構成。

肉入り3名ならばクリア間違いないと、意気込んで初戦は敗北。

これまたHPがオレンジでの敗北でした。

もう一回。

そして、初戦から約2時間かかっての討伐を果たしました!

ええ、いまさらですけどネタバレなんて一切書きませんから!(ちょっとだけアドバイスのようなものはあります)

魔法の攻撃が厳しくて、道具のマジックバリアは活躍できたかなと思います。

MP管理と世界樹の葉の範囲使用も便利でした。

ストーリークリアがこれほど早かったことは過去にありません。一周遅れが常でしたからね。


1月3日。

年末の回線落ちでクリアできていなかった分がありましたので、もう一回大魔王の討伐です。

クリア済みの経験者である僕にかかれば、大魔王と言えどもう敵ではありません。

今度はスパスタ(私)、バトマス、僧侶、僧侶(サポ)、アンルシアの構成。

あれだけ魔法がバンバン飛んでくるんだからマホカンタを用意するでしょ!キラポンもあるしね。

何よりもスパスタであれば、ボディーガードがあるのでとても死ににくく、パーティーが半壊しようとも立て直しができるのです。当然ながら世界樹の葉は必須です。

思惑はあたりました。

ボディーガードを切らさないようにしていれば、死ぬことはありませんでしたし(下手なので1度だけ床を舐めました)、マホカンタはみごとに魔法を跳ね返しました。

相手の攻撃が、こっちの攻撃に転じるので討伐時間の短縮にもなりました。

討伐完了。

イクシムさんのバージョン2は終わったのです。

もう思い残すことはありません。




なので、お次はドロンジョさんの番なのです。

クエストを進めていたのはこのドロンジョの方でした。

ストーリーはもちろん、配信クエスト、そして災厄クエスト。

どれもこれも停滞ぎみだったので、休みの間でがっつりと消化させ、ようやく王者の鎧を獲得。

災厄の王に挑むチャンスを得ました。

以前の災厄戦と言えば、メンバー集めが大変で出発するまでに大変時間がかかりました。

が、最大レベルが85となり、装備も充実した今!メンバーを揃える必要はなくなったのです。

一緒に行ってくれるフレンドは一人でいいのです。

ドロンジョが災厄に行けるようになるまで待っていてくれたマイラさんのスーパーサブメイリィと行ってきました。

ドロもメイもすでにメインキャラとも言える成長ぶりで、レベル85に到達もしています。

サポを連れてのたった二人の災厄の王への道のりは、左右に別れる道すら相談もなくかってに進み、災厄の王はさっくり討伐できました。

後日、残りのクエストも済ませ(すごく短縮されていました)、そのまま真災厄の王討伐へ。

今回もサポを連れての二人だけの討伐です。

激闘でした。

死闘でした。

二度負けました。

僧侶が4人いれば楽だったのかなと思いましたが、自分を信じて今を貫きました。

三度目の正直で、残り63秒というところで念願の討伐を果たしました!

正直、大魔王討伐よりも嬉しかった。

お互い大興奮だった深夜1時でした。

その夜は、直後に布団に潜り込んだものの興奮覚めやらずになかなか寝付けませんでした。

何度も負けて、失敗して、最後にもぎ取る勝利と言うものはこれほど嬉しくそして楽しいものなのかと再認識しました。

ボス戦は楽しい!そう思わせてもらった年末年始でした。

次はドロンジョのストーリークリアがまっています。

いつ頃クリアできるかな。

お手伝いお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。